1万人から好みのVTuberを探すための大きなポイントはこれだ

2020年1月にVTuberが約1万人を突破しました。

視聴者にとって1万人の中から好みのVTuberを探すことは容易ではありません。

しかし、創意工夫をすれば、自分好みのVTuberをピンポイントで探せる方法が存在し、今回はポイントを絞って紹介していきます。

好きなVTuberを探すための情報網の把握

約1万人の中から好きなVTuberを見つけるために、実はVTuber専門の情報網「SNSなど」が充実しています。

専門的な情報を提供するSNSなどを提示するとともに、おすすめの利用豊富を紹介していきます。

ツイッターやnotoなどのブログを活用しよう

1万人のVTuberが存在するといわれる昨今、VTuber側も多くの視聴者に存在を認知してもらえるよう、自身の情報開示が積極的に行われています。

大きな例として、ツイッターに代表されるようなSNSの存在が挙げられるのです。

SNSで自身の情報を積極的に発信するVTuberが殆どで、ツイッターの検索機能やnotoといったブログを運営し、円滑なファン獲得を目指しています。

新規視聴者に向けての情報開示がVTuber界隈全体で積極的なので、何か新しいVTuberを開拓したいユーザーにおすすめの方法となります。

専門まとめサイトの存在は非常に大きい

〝まとめサイト〟と聞くと人によっては悪いイメージを覚えるかもしれません。

しかし、コアなファンが多く、VTuber界隈を愛をもって盛り上げたいと考えるまとめサイトの運営者も少なからず存在します。

一例として、企業系はもちろん、まだ認知されていない個人VTuberにもスポットを当ててくれるサイト〝Vチューン!〟は、その最もたる例といって良いでしょう。

Vチューン!はまとめサイトの多くが用いる5chといった掲示板をコピーするだけのサイトではなく、Vチューン!自身が解説している専門掲示板のつぶやきをもとに、オリジナル記事を制作しています。

したがって、VTuberを本当に愛するユーザーが集まりやすく、情報量も他サイトより充実・信頼性も高いのです。

好みのVTuberを気軽に探したいユーザーにとっても、こうしたまとめサイトは心強い存在となるでしょう。

専門wikiの存在と界隈にとって重要な統計サイト

にじさんじといった主に企業系のVTuberにおいて、詳しいデータが掲載された専門wikiが開設されている場合があります。

登録者数や人気の動画・配信などが一目瞭然で確認できる統計サイトも、VTuberを追いかける上でとても便利です。

専門wikiや統計サイトのおすすめや活用方法を紹介していきます。

個人データや関係性を知る上で重要な専門wiki

大手企業系のVTuberにおいて、同じ箱でのコラボやゲームコンテンツでの進捗情報が手軽に確認できるのが専門wikiの大きな特徴。

企業系にみられる次々に新たなVTuberが増える一方で、俗にいう「身内ネタ」が強みを増し、新規ファンがどうしても入りづらい環境が出来てしまっています。

そのようなマンネリや新規ファンの獲得に厳しい要素を、wikiが解決してくれるかもしれません。

また多くの専門wikiは運営により収益をもらうための存在ではなく、多くのファンや有識者が協力運営する非営利の場合が多いです。

趣味として熱心に更新作業をするユーザーが多数なので、熱意を感じますし「これを調べればすべてが分かる」といった情報量は目を見張るものがあるでしょう。

好きなVTuberを探すためにも専門wikiの存在は頼もしく、一つの膨大な読み物としてもコアなファンが楽しめる優れたコンテンツです。

ユーザーローカルなどのVTuber側とファン側の双方で重要となる統計サイトの存在

視聴者数やyoutubeの高評価率、さらには最も人気のあるコンテンツは何かを数字で把握できる統計サイトはVTuber側とファン側の双方にとって重要なコンテンツです。

株式会社ユーザーローカルが運営するユーザーローカル バーチャルYouTuberランキングは、膨大なVTuberの統計サイトとして非常に優れたコンテンツを提示しています。

登録者数の推移はもちろん、分かりやすい配信予定表やファンのコメント機能などコンテンツも充実。

特に生放送の多いVTuberを追いたい・見つけたいユーザーにとって、統計サイトを上手に使うことで放送を見逃すことを防ぐことができます。

ユーザーローカルの他にも、バーチャルYouTuber情報サイト〝VNUMA〟や、youtube全体のチャンネル情報をカバーしている〝ユーチュラ〟といった統計サイトが優秀です。

タグ機能による簡易的な検索も出来て、専門ページにはSNSリンクも貼ってあることから、vtuberを探すコンテンツとして非常に優秀なツールとなります。

まとめ

1万にを達成したVTuberの数は今後も増えていく可能性が高いです。

好みのVTuberをみつけることは簡単なことではありませんが、専門まとめサイトや各種wiki・SNS、統計サイトを駆使すれば、驚くほど簡単に気になるVTuberが見つけることができるかもしれませんね。