カラオケで歌える!VTuberの歌動画おすすめ4選

声”のお仕事をしているだけあって、歌唱力の高いVTuberさんはけっこう多いです。

VTuberの歌声には普段の配信とは違った趣があって、聞いていて思わず嬉しくなってしまいますよね。

ファンの中にはVTuberの歌を聞いて原曲が好きになったという方や、「私もカラオケでこの曲を歌いたい!」と思ったことのある方もいることでしょう。

というわけで今回は歌唱力の高いVTuberさんと、おすすめの歌動画をご紹介したいと思います!

歌うまVTuber①ミライアカリ

VTuber四天王の一人で、ENTUMの終了後は個人勢として再スタートを切ったミライアカリさん。

普段はトーン高めの可愛らしい声をしている彼女ですが、いざ歌を歌い始めると雰囲気がガラリと変わります。

ミライアカリさんが最初に歌動画を投稿したのは、2018年5月の「ECHO」でした。

まだ彼女の歌唱力が世に知られていなかった頃、突然アップされたプロ並みの歌動画に度肝を抜かれた人も多かったはず。

普段の配信とは全く違うハスキーな歌声で多くのファンを魅了しました。

ミライアカリのおすすめ歌動画:ECHO

ミライアカリさんはこの他にも歌動画を配信しているのですが、やはり最初に投稿した「ECHO」が一番のおすすめですね。

全英語詩かつテンポの速いこの曲を、流れるように歌っていく様は見事としか表現のしようがありません。

ECHOはもともと海外在住のボーカロイドプロデューサー・Crusher-Pが作詞作曲したボカロ曲です。

海外勢としては珍しくニコニコ動画のVOCALOID殿堂入りを果たして話題になった曲なのですが、ミライアカリさんが歌ったことによってさらに知名度を上げましたね。

ボカロの機械的な歌声で聴くECHOも良い曲ですが、ミライアカリさんの人間味のある声量で歌い上げるECHOにはまた違った趣があります。

歌うまVTuber②富士葵(ふじあおい)

「一番歌が上手いVTuberは誰か?」と議論すれば必ず名前が挙がるのが彼女、Smaeprise所属のVTuber・富士葵さんです。

トーク力や可愛さで人気を勝ち取る人が多いVTuber業界ですが、富士葵さん最大の武器は間違いなく歌唱力でした。

初期の富士葵さんの3Dモデルは正直あまり出来が良くありませんでした。

ところが彼女の歌声に惚れた大勢のファンがクラウドファンディングに参加し、2282万2560円もの出資金を得て富士葵さんの3Dモデルは大幅にグレードアップされました。

これほど皆に愛されるVTuberになったのも、彼女の歌唱力の賜物だといえるでしょう。

富士葵のおすすめ歌動画:変わらないもの

富士葵さんは自身のチャンネルに多数の歌動画をアップしていますが、中でも人気のある一曲が「変わらないもの」です。

変わらないものは2006年公開のアニメ映画「時をかける少女」で挿入歌に使われていた曲で、原曲は奥華子さんが歌っています。

この曲を歌うにはしっかりとした声量が必要ですが、無理に大声を出そうとすると耳障りが悪くなってしまう難しい曲です。

しかし富士葵さんの透き通るような声はこの曲と非常にマッチしていて、最後まで聞き手に全く違和感を思わせないまま歌い切ります。

歌うまVTuber③YuNi(ユニ)

YuNiさんはVTuber業界のトップ集団「upd8」参加者の一人であり、歌が上手いVTuberとして有名な一人。

本人はVTuberではなく「Vsinger」を自称していて、世界初のバーチャルシンガーとして活躍中です。

VTuber業界に「歌ってみた」の文化が根付いたのは、間違いなく彼女の存在が大きく寄与していることでしょう。

数年前までゲーム配信や雑談配信のみを行うVTuberが多かったものの、YuNiさんがVsingerを名乗り出してからは独自に歌配信を行うVTuberが増えました。

ちなみにYuNiさんは2018年10月に一旦活動を休止したかに思われましたが、すぐにオリジナル曲「透明声彩」のリリースを発表して一線に戻ってきています。

YuNiのおすすめ歌動画:シャルル

Vsingerを自称しているだけあって、YuNiさんのチャンネルには多数の歌動画が公開されています。

どれもプロ級の歌声なので聞いていて飽きませんが、中でもおすすめしたい一曲が「シャルル」です。

シャルルは有名ボーカロイドプロデューサー・バルーンさんが2016年にリリースした曲です。

歌ってみた動画では定番ですが、実は歌うのにかなりの歌唱力を必要とする曲なので綺麗に歌い上げている動画は少ないと思います。

しかしさすがはYuNiさん、この難しい曲もすらすらと耳障りの良い歌声で最後まで歌い上げてくれているんです。

本人は「息継ぎ必死」なんて言っていましたが、その必死さも聞き手には伝わらないほど見事にカバーされていました。

歌うまVTuber④樋口楓(ひぐちかえで)

にじさんじの歌うま勢筆頭ともいえるのがこの人、樋口楓さん。

ちょっと乱暴な関西弁や、ゲーム配信でのキレやすさなどで普段は「ヤンキー」と呼ばれることが多い彼女ですが、ひとたび歌を口ずさめば印象が変わります。

ヤンキー扱いされる要因でもあるハスキーな声が曲とマッチして、めちゃくちゃカッコイイんです!その歌声のファンは多く、2019年1月には樋口楓さんの単独ライブイベントが開催されているほど。

また2020年春にはオリジナル楽曲「MARBLE」でメジャーデビューすることが決まっており、ますます人気が高まっていくことが予想されます!

樋口楓のおすすめ歌動画:ロキ

こちらは樋口楓さん単独の楽曲ではないんですが、彼女の歌動画の中でも特に人気のある一曲。

同じくにじさんじ所属で仲の良い月ノ美兎さんとタッグを組んで歌った「ロキ」の動画です。

普段の樋口楓さんよりは歌声が抑えめというか力を抜いて歌っている感が強いんですが、そこがまた味になっていていいんですよ。

「死ぬんじゃねーぞ」という歌詞の部分で顔を出す彼女のヤンキーっぽさも良いアクセントになっています。

まとめ

今回ご紹介した歌動画はすべてVTuberたちの公式チャンネルで視聴することができます。

もちろんどの歌もカラオケで配信されていますので、VTuberの歌を聞いてうずうずしてきたらカラオケへ足を運んでみてください!実際に自分で歌ってみると、こんな難しい歌を平然と歌っていたVTuberたちの歌唱力の高さに驚かされるかもしれませんよ。